ミレービスケットの謎

投稿者: | 2021年5月24日

私は沙也加。

ぼっちOLである。

関東では見かけないけれど、

関西では人気のあるお菓子がある。

その名も「ミレービスケット」!

味はきわめてシンプルなのだ。

ちょっとリッツに似たような感じもあるけれど、

ほんのり甘いのに、塩味がきいているという

かなり絶秒なテイストのビスケットなのだ。

このお菓子、最初は大阪で作っているのかと

思いきや、なんと高知県で製造していたとは。

昭和レトロなパッケージが、

味があってなかなか良きかな。

「ミレービスケット」の味の秘密は、

焼いてから揚げてあるかららしいのだ。

サイズも小ぶりで食べやすいしね。

そんな「ミレービスケット」ですが、

実はけっこう種類があるらしいのだ。

でも沙也加は、この「まじめなおかし」

と書いてあるバージョンが

気に入っている。

シンプルで、まじめ。

これが売りのお菓子なんて聞いたことない。

ミレービスケットの種類

野村煎豆 まじめ ミレービスケット 13
野村煎豆 まじめ ミレービスケット 13 2,600円(税込)【送料別】

おかげさまマーケット

高知県民ならだれもが知っているビスケット

野村煎豆加工店 ミレーピローギフト 1k
野村煎豆加工店 ミレーピローギフト 1k 3,036円(税込)【送料別】

にっぽん津々浦々

2枚入り個包装パックのミレービスケットが

【宅配便送料無料】 ミレービスケット(や
【宅配便送料無料】 ミレービスケット(や 1,550円(税込)【送料別】

食べもんぢから。

内容量 70g×9袋、130g×1袋 賞

楽天ウェブサービスセンター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です